写真を楽しむ

satorujiji.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 03日

庭で咲いていたアオツユクサの花をアップします。

我が家の庭の片隅にアオツユクサが固まって咲いていました
ので撮ってみました。
青い花びらの色が気に入る色になりませんでしたがアップします。

↓ 1枚目
f0000502_1773963.jpg




↓ 2枚目
f0000502_1781527.jpg

↓ 3枚目
f0000502_1784514.jpg

↓ 4枚目
f0000502_179696.jpg

↓ 5枚目
f0000502_179361.jpg

↓ 6枚目
f0000502_1710107.jpg

↓ 7枚目
f0000502_17103462.jpg


by s-toru441412 | 2012-09-03 17:10 | | Comments(5)
Commented by 花咲爺や at 2012-09-03 23:07 x

satorujijiさん、こんばんは^^

アオツユクサの花の青色と、シベ先端の黄色が綺麗ですネ。

爺やも、なるべく傷んでいない花を探すのですが
中々探し出せず、結局は見頃を過ぎた花を
モデルにして、写す事になってしまいます。

流し撮りの件、ありがとうございました。
SS1/10位にされて写されたのですか?

爺やの拙い技術では、無理かもしれませんが
一度この辺りの数値で、色々変更して挑戦してみます。

ご教授して頂き、ありがとうございました。

Commented by s-toru441412 at 2012-09-04 06:18
花咲爺やさん おはようございます。

アップする写真が少ない時期ですので、少し前に撮った写真と
アップしました。
傷んでいない花を探すのは難儀ですね。 
ツユクサの花は丈夫ですので生きて花を付けてくれますので
何回も撮るようにしています。

流し撮り時のSSですが、使うレンズのmmでぶれを考えます。
例えば24-105のレンズだったら105mmの1/10の数字
約10でSSは1/10と考えます。 70-200のレンズだったら
SSは200の1/10ですから20で SS1/20のようにです。
その数字より少ない数字のSSにすればいやでもぶれます。
ぶれることを防ぐには三脚を使い流し撮りの時にはぶれるから
都合がよいですね。
こんなことを目安にしています。
Commented by 花咲く爺や at 2012-09-04 19:39 x

satorujijiさん、こんばんは^^

流し撮りするには、使うレンズのmmでブレを考えるのですか
爺やは、ただシャッタースピードを遅くすれば撮れるものだと思い
写していましたが、結果は思い通りにならないで
原因が解らず、困っていました。

今回のご教授を受けて、再挑戦してみます。

なんだか、思い通りの写真が撮れそうに思えてきました。

具体的で詳しいご教授、ありがとうございました。
  
         <(_ _)>



Commented by s-toru441412 at 2012-09-04 22:20
花咲爺やさん こんばんわ!!

流し撮りの時のSSに目安について少し説明不足でしたかも。
例えば70-200のレンズの場合SSが1/20より遅くなると
相当の腕の人でもブレるから三脚を使えと言われる速度なのです。
逆にいえば同じレンズでSSを1/15にすればどうしてもぶれてしま
うと言える速度になります。
その時に列車の先頭部分にピントを合わせて可能な限りに列車の
先頭車両と同じ速度でカメラを動かせば周囲は何ともしがたい位
ブレてしまいます。
腕の見せ所は被写体と同じくらいの速度で同じ方向へカメラを
動かせるかどうかです。
それか、一か所にカメラを固定してピントを合わせておき列車の
戦闘が通過する瞬間にシャッターを切る所謂「置きピン」で撮るか
ですね。
流し撮りですから前者の方法だと思います。
以上です。

Commented by 花咲爺や at 2012-09-06 15:49 x

satorujijiさん、こんにちは^^

流し撮りに付いて、再度ご教授頂きまして
誠にありがとうございました。

流し撮りに付いて、爺やは最初
SSを遅くすれば、簡単に写せるものと思っていましたが
実際に写してみるとピンボケばかりで、背景が流れず
簡単には写せず、奥が深く中々難しいですネ。

ご教授頂いた事を、頭の中に入れながら
機会を見つけ、失敗を恐れず
何回も挑戦し、たとえ望み通りの写真が
1枚でも写せたらなあ・・と思っています。

再三のご教授、ありがとうございました。
  
     <(_ _)>




<< 丸ボケを撮って遊びました。      新幹線ドクターイエローとひまわりの花 >>