写真を楽しむ

satorujiji.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 02日

初めて谷汲踊りの撮影に挑戦しました

写真のアップが前後しましたが今年の3月下旬に写真の友達の
大垣在住のTさんから谷汲踊りが4月の2日に行われることを
教えて貰いました。
谷汲踊りは背中に背負った綺麗な「シナイ」が揺れる様を是非
とも遅いシャッター速度で撮ってみたいと思っていました。
当日、家内も民組踊を見たいから連れて行ってと言うので、一
緒に出かけました。
到着したのが少し早い時間でしたので、有料駐車場もガラガラ
に空いていましたのでスムーズに駐車し、歩いて午前11時から
踊りが行われる会場へと行きました。
どの辺りが最上の撮影場所なのかわからないので、少し様子を見
ていて、踊りの列が入場してくる近くから写すことにして、場所
を来ました。
桜祭りの神事が行われた後に谷汲踊りが行われました。
谷汲踊りの写真のアップについては2回で行いたいと思いますので
今日は
踊りの準備と踊りの初めの頃の写真をアップします。

↓ 1枚目
f0000502_151282.jpg




↓ 2枚目
f0000502_152267.jpg

↓ 3枚目
f0000502_1522447.jpg

↓ 4枚目
f0000502_152489.jpg

↓ 5枚目
f0000502_153933.jpg

↓ 6枚目
f0000502_1533084.jpg

↓ 7枚目
f0000502_153531.jpg

↓ 8枚目
f0000502_1541476.jpg

↓ 9枚目
f0000502_1543355.jpg

↓ 10枚目
f0000502_1544882.jpg

↓ 11枚目
f0000502_15557.jpg

↓ 12枚目
f0000502_1552268.jpg

↓ 13枚目
f0000502_1553735.jpg

↓ 14枚目
f0000502_1555690.jpg

↓ 15枚目
f0000502_1563058.jpg

↓ 16枚目
f0000502_1565220.jpg

↓ 17枚目
f0000502_1572086.jpg

↓ 18枚目
f0000502_1573633.jpg

↓ 19枚目
f0000502_1581728.jpg

↓ 20枚目
f0000502_1583599.jpg



最後まで見て戴有難う御座いました。
写真の中にはピントが躍る人たちに全く合っていないものが沢山
ありましたが、シャッター速度を遅くして動く人にはピントが合
わない事を承知して撮っています。
ピントが合っていない写真を嫌いな人が多いですが、あえてシャ
ッター速度を遅くしてブレる写真に挑戦しています。
次回にアップする写真のほとんどはその部類の写真です。
気に入らない人は次回はスルーしてください。

by s-toru441412 | 2017-05-02 15:14 | 行事・祭礼 | Comments(2)
Commented by 花咲爺や at 2017-05-03 11:26 x
s-toru441412 さん、こんにちは^^

さすがですネ。

谷汲踊の写し方について、勉強に成りました。

s-toru441412 さんの様に、上手く写せるのか心配ですが
次回は、爺やも一度挑戦してみようと思っています。 

今年は、晴れの天候に恵まれたGWですが
何処か撮影に行かれましたか?

小生のGWは、夏野菜を育てる為に
苗を購入してきて、畑に植え付けたり
野菜の種を、ポットに蒔いたりして
今の時期は忙しくて、中々外出が出来そうにありません。
Commented by s-toru441412 at 2017-05-04 10:08
花咲爺やさん こんにちは!!
GWの真っ最中ですが、何処へも行かないで朝の散歩に出て
行く程度です。
我が家では、畑を借りて野菜を栽培するほどの根性がないの
で、裏庭の狭いところでプランターを利用しての菜園で茄子
やキュウリ、トマト、ピーマンを少しずつ作る程度です。
例年、不作続きで店で買ってきた方が安くつきます。
でも、不作でも花が咲きキュウリやナスが鳴ると嬉しくて
年寄りの楽しみ程度に考えて毎年試みています。
連休前に、土の養生をして先日植えました。

谷汲踊りの写真について見て戴き有難う御座います。
初めての撮影でしたので、試行錯誤しての撮影でしたので
まだまだ課題がありそうです。
踊り手が揃って「シナイ」を身体を倒し低い位置で左右に
大きく降る際の撮影がとても面白い状態に移ることが分か
り、再度挑戦してみたいと思います。
花咲爺やさんがアップされる時に観客の顔をぼかす措置を
すべきかどうか悩みましたが、そのままアップしました。
今後の課題です。


<< 谷汲踊りの写真の続きをアップします      最後の樽見鉄道沿線の桜と列車の... >>